忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

DATE : 2017/08/19 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/05/25 (Fri)
◎日経平均      17481.21(-215.76) -1.22%

 ◎TOPIX      1715.54(- 22.57) -1.30%

 ◎ジャスダック平均   2028.40(+  4.33) +0.21%

 ◎マザーズ指数      853.35(+ 12.67) +1.51%
  
 ◎ヘラクレス指数   1456.20(+ 24.01) +1.68%

 ◎東証1部売買代金                2兆7127億円

 ◎東証1部売買高                18億9743万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は大幅続落。前日比215円安となる
 17,481円で取引終了。TOPIXも大幅続落。


~~ 前場 ~~ 《 米国株安、中国株相場への警戒感から売り先行 》


●本日の東京株式市場は、前日の米国株相場が大きく続落した事や、中国株
 相場下落への警戒感から、売り先行で取引開始。

●日経平均は前日比167円安の17,529円で寄り付くと下げ幅を拡大。

●指数先物には、大口売りが断続的に入り指数を押し下げ、日経平均は前日
 比326円安の17,370円まで下落する局面も。

●昨日まで大きく上げた銀行、保険、証券などの金融株はじめ、幅広い銘柄
 が売られる全面安の商状に。

●10時30分に始まった中国上海市場が、安く寄り付くも下げ渋った事で、や
 や安心感も出て、東京マーケットも下げ渋った。

●日経平均は前場、280円安の17,416円で取引終了。

─────────────────────────────────

~~ 後場 ~~《 安値もみ合い。下げ渋るも、戻りが鈍い動き。 》
 
●後場は、安値でもみ合いのこう着状態。

●海運株、機械株、ハイテク株の一角が買い直され下げ幅を縮小したものの、
 全般に上値の重い動きに。

●中国上海株指数が、前日比プラス圏に切り返したものの、買い戻しは進ま
 なかった。

●日経平均は17,400円台での推移が続き、大引けにかけて下げ幅を縮小も、
 17,500円台には戻せず取引終了。


●新興3市場は、大引けにかけて切り返し揃って上昇。
 ジャスダック平均は5日続伸。マザーズ、ヘラクレス各指数も反発。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↓ 三菱UFJ、みずほ、三井住友、りそななどのメガバンク始め、福井銀、
  静岡銀、中国銀、愛知銀など地銀株など、銀行株が軒並み安。

↓ あいおい、三住海上、損保JPN、T&DHDなど生損保株も軒並み安。

↓ 菱地所、三井不、東急不、住友不、ダイヤシティなどの不動産株の下げ
  もきつい。

↓ 伊藤忠、住友商、三井物、丸紅、三菱商などの商社株も安い。

↓ その他、トヨタ、ソニー、JFEHD、ドコモなどが売られた。

 《 一 方 》

↑ 明治海、川崎船、乾汽船といった海運株の一角が逆行高。

↑ その他、富士通、NEC、良品計画、セガサミーHDなどが買われた。
PR

DATE : 2007/05/24 (Thu)
◎日経平均      17696.97(-  8.15) -0.05%

 ◎TOPIX      1738.11(-  1.97) -0.11%

 ◎ジャスダック平均   2024.07(+  2.29) +0.11%

 ◎東証1部売買代金                2兆8270億円

 ◎東証1部売買高                18億9545万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は4日ぶりに小幅反落。前日比8円安
 の17,696円で取引終了。TOPIXも4日ぶりに小反落となった。


~~ 前場 ~~ 《 中国株相場下落への警戒感から売り先行 》


●本日の東京株式市場は、売り先行で取引開始。

 前日の米国株相場が下落した事や、グリーンスパン前米FRB議長が、
 中国株の急落リスクを指摘した事などを嫌気して、売り先行で取引開始。

●日経平均は前日比24円安の17,680円で寄り付くと、98円安の17,606円まで
 下げ幅を拡大。
 
●昨日まで大きく買われた銀行株やノンバンク株などの金融株が利益確定の
 売りに押され、また、鉄鋼や海運、機械株など中国関連のセクターも売ら
 れた。

●一方、自動車株やハイテク株の一角がしっかりで相場を支えた。

●中国株相場が上昇して始まると相場に安心感が広がり、下げ幅を縮小。

●前場、18円安の17,686円で前引けに。

─────────────────────────────────

~~ 後場 ~~《 切り返すも上値重い動き 》
 
●後場寄り付き直後に、指数先物に大口売りが出て下げ幅を広げたが、底堅
 さを確認すると下げ幅縮小し、日経平均、TOPIX共に前日比プラス圏に浮上。

●銀行株の一角が買い直され、自動車やハイテクの一角の堅調も続き、指数
 の上昇をけん引したが、利益確定売りもきつく、伸び悩んだ。

●大引けにかけては売りに押され、日経平均、TOPIX共に、前日終値付近で取
 引終了となった。

●新興3市場は、戻り待ちの売りに押された。
 ジャスダック平均は4日小幅続伸も、マザーズ、ヘラクレス各指数は反落。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↓ 三住海上、あいおい、日本興亜、損保JPNなどの生損保株が軒並み安。

↓ オリコ、三菱UFJニコス、クレセゾン、武富士などノンバンク株の下
  げもきつい。

↓ NTT、IIJ、KDDI、ヤフーなど通信株も弱い。

↓ 川崎船、商船三井、太平船、第一船など海運株も軟調。

↓ その他、ソニー、新日鉄、コマツ、太平金、りそなHDなどが下げた。

 《 一 方 》

↑ NY原油先物相場の上昇を受けて、新日鉱HD、AOCHD、コスモ石、
  出光興産、昭和シェルなどの石油株が買われた。

↑ 丸紅、伊藤忠、三菱商、双日、三井物産など商社株も買い直された。

↑ トヨタ、スズキ、ダイハツ、ホンダ、いすゞなど自動車株も高い。

↑ ニコン、オリンパス、日立、三菱電、富士通などハイテク株の一角もし
  っかり。

↑ その他、エルピーダ、JT、オリックス、みずほFGなどが買われた。

DATE : 2007/05/23 (Wed)
◎日経平均      17705.12(+ 25.07) +0.14%

 ◎TOPIX      1740.08(+  8.54) +0.49%

 ◎ジャスダック平均   2021.78(+  7.03) +0.35%

 ◎東証1部売買代金                3兆3113億円

 ◎東証1部売買高                21億8296万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は3日続伸。前日比25円高の17,705円
 で取引終了。TOPIXも3日続伸。


~~ 前場 ~~ 《 銀行株など金融株中心に買われる 》


●本日の東京株式市場は、買い先行で取引開始。

 昨日に続き、銀行株が買われ、米ナスダック指数3日続伸、ドル円相場の
 円安基調を好感して、ハイテク株もしっかりの動き。

●日経平均は前日比83円高の17,763円で寄り付くと122円高の17,802円まで
 上昇し、5月10日以来約2週間ぶりに、17,800円台に乗せる局面も。

●ただ、17,800円近辺では利益確定売り圧力は強く、高値圏でのもみ合い。

●前場、71円高の17,751円で前引けに。

─────────────────────────────────

~~ 後場 ~~《 こう着状態に。 上値が大変重いが、底も堅い。 》
 

●後場寄り付き後間もなく、指数先物に大口売りが出て上げ幅を縮小。

 昨今相場をけん引してきたセクター、海運株や鉄鋼株、機械株の一角が
 利益確定売りに押される動き。

●日経平均は、前日終値付近まで上げ幅を縮小も、押し目買いも入って下げ
 渋り、再度、17,800円近くまで上げ幅を拡大する場面もあった。

 大手銀行株、ノンバンク株など金融株の強い動きが続き、相場を支えた。

●ただ、前場に続き上値の重さは変わらず、大引けにかけては売りに押され
 取引終了。


●新興3市場は、上値は重かったが、揃って続伸。

 ジャスダック平均は3日続伸。マザーズ、ヘラクレス各指数は続伸。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↑ みずほ、三菱UFJ、三井住友などメガバンクが連日の急伸、福島銀、
  スルガ銀、名銀、十六銀、中京銀などの地銀株も強い動き。

↑ アイフル、プロミス、アコムなどのノンバンク株も急伸。

↑ 三菱UFJ証、大和銀、野村HD、カブコム、マネックスなどの証券株
  も強い。

↑ トヨタ、日産自、マツダ、スズキ、いすゞなどの自動車株も堅調。

↑ その他、神戸鋼、富士通、デンソー、イオン、川重なども買われた。

 《 一 方 》

↓ 太平金、住金、JFEHD、中山鋼などの鉄鋼株の下げがきつい。

↓ 飯野海、川崎船、商船三井、新和海、郵船など海運株も軟調。

↓ 伊藤忠、三菱商、三井物産、双日、住友商、丸紅なども弱い。

↓ その他、ソフトバンク、三菱地所、東エレクなども売られた。

DATE : 2007/05/22 (Tue)
◎日経平均      17680.05(+123.18) +0.70%

 ◎TOPIX      1731.54(+ 20.87) +1.22%

 ◎ジャスダック平均   2014.75(+ 10.39) +0.52%

 ◎東証1部売買代金                3兆0748億円

 ◎東証1部売買高                21億4138万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は続伸。前日比123円高の17,680円で
 取引終了。TOPIXも続伸。


~~ 前場 ~~ 《 ハイテク株、銀行株など中心に買われる 》


●本日の東京株式市場は、まずは様子見で取引開始。

 昨日の米国株式相場は、ナスダック指数は続伸もNYダウは反落と特段大
 きな方向感は出ず、為替相場も大きな動き無く、相場の売買手掛かり材料
 は乏しかった。
 
●日経平均は、前日比21円高の17,578円で寄り付くと、一旦売りに押された。

 昨日に日経平均が150円以上上昇した事で、利益確定売り圧力も強く、日経
 平均は前日比マイナス圏に沈む局面も。

●しかしながら、朝方から大手銀行株が強い動き、ソニー、NECなどハイ
 テク株も強い動きで相場の上昇をけん引。

●じりじりと上げ幅を広げ、日経平均は17,600円台に乗せると一段高に。

●前場、105円高の17,661円で前引けに。

─────────────────────────────────

~~ 後場 ~~《 一旦売りに押されるも、大引けにかけて上げ幅拡大 》
 
●後場に入ると、指数先物に断続的に大口売りが出て上げ幅を縮小。

●日経平均は前日終値付近まで上げ幅を縮小も、押し目買いも入って下げ渋
 った。 新興市場の堅調な動きも支えに。

●底堅さを確認すると、売り方の買い戻しも入って急伸。
 
●日経平均は約1週間ぶりに17,700円台に乗せ、173円高の17,730円まで上昇
 する局面も。

●大引けにかけてやや売りに押されたが、本日の高値圏で取引終了。


●新興3市場は、自立反発狙いの買いも入って上昇。

 ジャスダック平均は続伸。マザーズ指数は11日ぶり、ヘラクレス指数は
 8日ぶりに、ようやく反発した。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↑ 三井住友、三菱UFJ、みずほなどの銀行株が強い動き。

↑ 三洋信販、オリコ、武富士、オリックスなどノンバンク株も高い。

↑ ソニー、NEC、富士通、松下電産、シャープ、などハイテク株も堅調。

↑ コマツ、森精機、牧野フ、OKKなど機械株も高い。

↑ 大和証、松井証、野村HD、カブコム、松井証などの証券株もしっかり。

↑ その他、武田薬、ソフトバンク、JFEHD、丸紅などが買われた。


 《 一 方 》

↓ トヨタ、マツダ、スズキ、いすゞ、ホンダなど自動車株が軟調。

↓ NTT、KDDI、ドコモなど通信株の一角も軟調。

↓ その他、住友鉱、神戸鋼、新日石などが売られた。


DATE : 2007/05/21 (Mon)
◎日経平均      17556.87(+157.29) +0.90%

 ◎TOPIX      1710.67(+ 14.98) +0.88%

 ◎ジャスダック平均   2004.36(+  2.00) +0.10%

 ◎東証1部売買代金                2兆5765億円

 ◎東証1部売買高                19億2814万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりに反発。前週末比157円高の
 17,556円で取引終了。TOPIXは5日ぶりに反発した。


── 前場 ── 《 米株高を好感も、上値の重い動き 》


●本日の東京株式市場は、先週末の米国株式相場が反発しNYダウが過去最
 高値を更新、ドル円相場での円安基調を好感して、買い先行で取引開始。

●日経平均は、前週末比55円高となる17,455円と反発して寄り付くと、上げ
 幅を拡大。

●米国ナスダック指数高、円安もありハイテク株が買われ相場の上昇を牽引
 し、また、海運株や機械株も堅調な動きに。

●朝方には、日経平均は121円高の17,520円まで上昇したが、早々に利益確
 定売りに押され、前週末終値近辺まで上げ幅を縮小、TOPIXは前週末比
 マイナス圏に転落する局面も。

 預金準備率の引き上げを発表した中国株式相場の動きに対する警戒感もあ
 り、利益確定売り圧力は強かった。

●ただ、上海総合指数が朝安後に下げ渋った事で安心感が出て買い直され、
 日経平均は前場、97円高の17,497円で前引けに。

─────────────────────────────────

── 後場 ── 《 中国株の切り返しで安心感広がり、上げ幅拡大 》
 
●後場に入ると、上海総合指数が切り返した事で、安心感が広がり、一段高
 の動きに。

●業績発表後に昨今売りに押された好業績銘柄、主力大型株中心に買い直さ
 れる動きとなった。

●日経平均は199円高の17,599円まで上昇する局面もあったが、17,600円近辺
 での売り圧力は強かった。

●高値圏での推移が続き、日経平均、TOPIX共に今日の高値圏で取引終了。


●新興3市場は、軟調展開続く。

 ジャスダック平均は大引けにかけて切り返し、8日ぶりに小反発。
 マザーズ指数は10日続落、ヘラクレス指数は7日続落で、揃って年初来安
 値を更新した。

─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↑ 川崎船、商船三井、郵船、明治海などの海運株が大幅急伸。

↑ TDK、ソニー、京セラ、シャープ、松下電産、キヤノンなどハイテク
  株も高い。

↑ 日立建機、コマツ、森精機、マキタ、ダイフクなどの機械株も高い。

↑ 双日、三菱商、丸紅、住友商、三井物など商社株も堅調。

↑ その他、新日鉄、石川島、三菱UFJ、SBIなどが買われた。

 《 一 方 》

↓ オリックス、オリコ、大証金、アコムなどのノンバンク株の一角が軟調。

↓ 富士火、日本興亜、三住海上、ミレアHDなど生損保株も弱い。

↓ マルハ本、極洋、ニチロなど水産株も軟調。

↓ 田辺薬、第一三共、中外薬、沢井薬など薬品株の一角も弱い。

↓ その他、トヨタ、住友電、ダイエー、日ハムなどが売られた。
忍者ブログ [PR]