忍者ブログ
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44]

DATE : 2017/05/26 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/05/21 (Mon)
◎日経平均      17556.87(+157.29) +0.90%

 ◎TOPIX      1710.67(+ 14.98) +0.88%

 ◎ジャスダック平均   2004.36(+  2.00) +0.10%

 ◎東証1部売買代金                2兆5765億円

 ◎東証1部売買高                19億2814万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりに反発。前週末比157円高の
 17,556円で取引終了。TOPIXは5日ぶりに反発した。


── 前場 ── 《 米株高を好感も、上値の重い動き 》


●本日の東京株式市場は、先週末の米国株式相場が反発しNYダウが過去最
 高値を更新、ドル円相場での円安基調を好感して、買い先行で取引開始。

●日経平均は、前週末比55円高となる17,455円と反発して寄り付くと、上げ
 幅を拡大。

●米国ナスダック指数高、円安もありハイテク株が買われ相場の上昇を牽引
 し、また、海運株や機械株も堅調な動きに。

●朝方には、日経平均は121円高の17,520円まで上昇したが、早々に利益確
 定売りに押され、前週末終値近辺まで上げ幅を縮小、TOPIXは前週末比
 マイナス圏に転落する局面も。

 預金準備率の引き上げを発表した中国株式相場の動きに対する警戒感もあ
 り、利益確定売り圧力は強かった。

●ただ、上海総合指数が朝安後に下げ渋った事で安心感が出て買い直され、
 日経平均は前場、97円高の17,497円で前引けに。

─────────────────────────────────

── 後場 ── 《 中国株の切り返しで安心感広がり、上げ幅拡大 》
 
●後場に入ると、上海総合指数が切り返した事で、安心感が広がり、一段高
 の動きに。

●業績発表後に昨今売りに押された好業績銘柄、主力大型株中心に買い直さ
 れる動きとなった。

●日経平均は199円高の17,599円まで上昇する局面もあったが、17,600円近辺
 での売り圧力は強かった。

●高値圏での推移が続き、日経平均、TOPIX共に今日の高値圏で取引終了。


●新興3市場は、軟調展開続く。

 ジャスダック平均は大引けにかけて切り返し、8日ぶりに小反発。
 マザーズ指数は10日続落、ヘラクレス指数は7日続落で、揃って年初来安
 値を更新した。

─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↑ 川崎船、商船三井、郵船、明治海などの海運株が大幅急伸。

↑ TDK、ソニー、京セラ、シャープ、松下電産、キヤノンなどハイテク
  株も高い。

↑ 日立建機、コマツ、森精機、マキタ、ダイフクなどの機械株も高い。

↑ 双日、三菱商、丸紅、住友商、三井物など商社株も堅調。

↑ その他、新日鉄、石川島、三菱UFJ、SBIなどが買われた。

 《 一 方 》

↓ オリックス、オリコ、大証金、アコムなどのノンバンク株の一角が軟調。

↓ 富士火、日本興亜、三住海上、ミレアHDなど生損保株も弱い。

↓ マルハ本、極洋、ニチロなど水産株も軟調。

↓ 田辺薬、第一三共、中外薬、沢井薬など薬品株の一角も弱い。

↓ その他、トヨタ、住友電、ダイエー、日ハムなどが売られた。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]