忍者ブログ
[53] [52] [51] [50] [49] [48]

DATE : 2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/05/25 (Fri)
◎日経平均      17481.21(-215.76) -1.22%

 ◎TOPIX      1715.54(- 22.57) -1.30%

 ◎ジャスダック平均   2028.40(+  4.33) +0.21%

 ◎マザーズ指数      853.35(+ 12.67) +1.51%
  
 ◎ヘラクレス指数   1456.20(+ 24.01) +1.68%

 ◎東証1部売買代金                2兆7127億円

 ◎東証1部売買高                18億9743万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は大幅続落。前日比215円安となる
 17,481円で取引終了。TOPIXも大幅続落。


~~ 前場 ~~ 《 米国株安、中国株相場への警戒感から売り先行 》


●本日の東京株式市場は、前日の米国株相場が大きく続落した事や、中国株
 相場下落への警戒感から、売り先行で取引開始。

●日経平均は前日比167円安の17,529円で寄り付くと下げ幅を拡大。

●指数先物には、大口売りが断続的に入り指数を押し下げ、日経平均は前日
 比326円安の17,370円まで下落する局面も。

●昨日まで大きく上げた銀行、保険、証券などの金融株はじめ、幅広い銘柄
 が売られる全面安の商状に。

●10時30分に始まった中国上海市場が、安く寄り付くも下げ渋った事で、や
 や安心感も出て、東京マーケットも下げ渋った。

●日経平均は前場、280円安の17,416円で取引終了。

─────────────────────────────────

~~ 後場 ~~《 安値もみ合い。下げ渋るも、戻りが鈍い動き。 》
 
●後場は、安値でもみ合いのこう着状態。

●海運株、機械株、ハイテク株の一角が買い直され下げ幅を縮小したものの、
 全般に上値の重い動きに。

●中国上海株指数が、前日比プラス圏に切り返したものの、買い戻しは進ま
 なかった。

●日経平均は17,400円台での推移が続き、大引けにかけて下げ幅を縮小も、
 17,500円台には戻せず取引終了。


●新興3市場は、大引けにかけて切り返し揃って上昇。
 ジャスダック平均は5日続伸。マザーズ、ヘラクレス各指数も反発。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↓ 三菱UFJ、みずほ、三井住友、りそななどのメガバンク始め、福井銀、
  静岡銀、中国銀、愛知銀など地銀株など、銀行株が軒並み安。

↓ あいおい、三住海上、損保JPN、T&DHDなど生損保株も軒並み安。

↓ 菱地所、三井不、東急不、住友不、ダイヤシティなどの不動産株の下げ
  もきつい。

↓ 伊藤忠、住友商、三井物、丸紅、三菱商などの商社株も安い。

↓ その他、トヨタ、ソニー、JFEHD、ドコモなどが売られた。

 《 一 方 》

↑ 明治海、川崎船、乾汽船といった海運株の一角が逆行高。

↑ その他、富士通、NEC、良品計画、セガサミーHDなどが買われた。
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
2007/05/28用銘柄
以下、5月28日用の情報です。 <<メルマガ『スイングトレード向け、明日買う株、売る株』の抜粋版>> ▲▲買い:スローストキャスティクス+RSI▲▲ 以下のテクニカル指標の組み合わせです。 ・スローストキャスティクスが25以下でのゴールデンクロス ・RSIが20%以下..
URL 2007/05/25(Fri)22:14:00
中国株13日=上海は4日続落
2008年8月13日、13日の中国大陸株式市場で上海相場は4日続落。上海総合指数の終値は前営業日終値比0.444%安の2446.297ポイントだった。深セン相場を合わせた売買代金は557億元で、前営業日の496億元を上回った。 前日発表の7月のCPI(消費者物価指数)の前年同月比上昇率は6.3%と前月を0.8ポイント下回ったものの、同月PPI(生産者物価指数)の上昇率が12年ぶりの高水準に達した。このため、「最終製品への波及でインフレが再加速するのではないか」との懸念が根強く...
URL 2008/08/13(Wed)21:51:09
忍者ブログ [PR]