忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

DATE : 2017/10/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/05/02 (Wed)
◎日経平均      17394.92(+119.94) +0.69%

 ◎TOPIX      1704.22(+ 10.97) +0.65%

 ◎ジャスダック平均   2054.25(+  5.66) +0.28%

 ◎東証1部売買代金                2兆4017億円

 ◎東証1部売買高                17億0812万株

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりに反発。前日比119円高とな
 る17,394円で取引終了。TOPIXも3日ぶりに反発し、1700台を回復。


── 前場 ──  《 米株高受け朝高後、先物主導で一旦失速。 》


●本日の東京株式市場は、前日の米国株式相場が反発、NYダウが過去最高
 値を更新した動きを受けて、買い先行で取引開始。

●日経平均は前日比35円高の17,310円で寄り付くと、49円高の17,324円まで
 上昇。

●しかしながら、買い一巡後は、指数先物への大口売りが主導する形で売り
 に押された。

●自動車株やハイテク株など輸出関連株が軟調な動きとなり、その他幅広い
 銘柄に売りが広がった。

●日経平均は47円安の17,227円まで下落したが、17,200円ライン目前に下げ
 止まると買い戻しも進み、日経平均、TOPIX共に切り返した。

●前場、37円高の17,312円で前引けに。

─────────────────────────────────

── 後場 ── 《  先物に買い戻し、円安好感し急伸。 》
 
●後場に入ると、一気に上げ幅を拡大。

●連休前でのポジション調整的な、先物の買い戻しも入った。

●為替相場が、1ドル120円台に乗せる円安に振れた事も好感された。

●鉄鋼株が堅調な動きで相場の上昇をけん引し、主力ハイテク株の一角も
 買い直された。

●日経平均は、17,400円台に乗せたが、更に買い進む動きは見られず、
 17,400円近辺でのもみ合いとなり、取引終了。


●新興市場は揃って続伸。
 ジャスダック平均、マザーズ指数は4日続伸、ヘラクレス指数は3日続伸
 となった。

─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↑ 新日鉄、神戸鋼、JFEHD、太平金など鉄鋼株が軒並み高に。

↑ 双日、伊藤忠、住友商、丸紅、三井物産などの商社株も高い。

↑ 三菱Uニコス、アイフル、プロミス、オリコなどノンバンク株も堅調。

↑ 2007年6月中間連結純利益の上方修正発表のブリヂストンが買われ、
  その他、住友ゴム、藤倉ゴムなどゴム製品株がしっかり。

↑ その他、KDDI、京セラ、ダイキンなどが買われた。

《 一方 》

↓ トヨタ、日産自、ホンダ、ダイハツ、スズキなど自動車株が弱い。

↓ 日立建機、マキタ、クボタ、タダノなどの機械株の一角も軟調だった。
PR

DATE : 2007/05/01 (Tue)
◎日経平均      17274.98(-125.43) -0.72%

 ◎TOPIX      1693.25(-  7.75) -0.46%

 ◎ジャスダック平均   2048.59(+  6.39) +0.31%

 ◎東証1部売買代金                2兆5184億円

 ◎東証1部売買高                17億8802万株

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は続落。前週末比125円安の17,274円
 で取引終了。TOPIXも続落。


── 前場 ──  《 米株安を嫌気。先物主導で下げ幅を拡大。 》


●本日の東京株式市場は、まずは前週末終値付近で取引開始。

●日経平均は前週末比4円安の17,396円で寄り付くと下げ幅を拡大。

●しかしながら寄り付き直後から、昨日の米国株式相場が反落した事を嫌気
 して、値がさハイテク株に売りが膨らみ株価指数を押し下げ、また、銀行
 株や不動産株なども軟調な動きに。

●ゴールデンウィーク連休谷間で現物株の薄商いの中、指数先物に仕掛け的
 な売りが断続的に出て下げ幅を拡大。

●日経平均は197円安の17,203円まで下落し、先週、先々週の安値を割り込
 む局面も。

●前場、157円安の17,243円で前引けに。

─────────────────────────────────

── 後場 ── 《  安値もみ合い。こう着状態に。 》
 
●後場に入ると、先物に買い戻しも入ってやや下げ幅を縮小し、その後もみ
 合いに。

●下げ局面では押し目買いも入って下げ渋るものの、上値追いは見られなか
 った。

●売買の手掛かり材料にも欠け、日経平均は、前週末比100円~150円安、
 17,250円~17,300円程度の狭いレンジでのこう着状態に。

●安値圏でのもみ合いが続き、方向感の出ないまま取引終了となった。


●新興市場は揃って続伸。好業績銘柄中心に買われた。
 ジャスダック指数、ヘラクレス指数は続伸、マザーズ指数は3日続伸とな
 った。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↓ TDK、京セラ、アドテスト、東京エレク、ソニーなどの値がさハイテ
  ク株が安い。

↓ 三井不、三菱地所、東京建物、大京、平和不などの不動産株も弱い。

↓ 日電硝、ガイシ、TOTO、東海カなどのガラス土石株も軟調。

↓ その他、三井住友FG、7&i、住金などが売られた。

《 一方 》

↑ KDDI、ドコモ、ヤフー、日テレなど情報・通信株が買われた。

↑ 三菱マテはじめ、住友鉱、菱線工など非鉄株の一角もしっかり。

↑ 上場来高値更新のコマツ、日立建機など建機株も強い。

↑ その他、ソフトバンク、商船三井、新日鉄などが買われた。

DATE : 2007/04/27 (Fri)
◎日経平均      17400.41(- 28.76) -0.17%

 ◎TOPIX      1701.00(-  2.41) -0.14%

 ◎ジャスダック平均   2042.20(+  5.64) +0.28%

 ◎東証1部売買代金               3兆1732億円

 ◎東証1部売買高               22億5774万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は反落。前日比28円安となる17,400円
 で取引終了。TOPIXも反落した。


── 前場 ──  《 日経平均100円以上上げる局面も、失速。 》


●本日の東京株式市場は、寄り前の3月鉱工業生産が予想を下回った事や、
 寄り前外資系証券の売買動向が大幅な売り越し観測なった事などを嫌気し
 て、売り先行で取引開始。

●日経平均は、前日比52円安の17,377円と反落して寄り付くと、早々に切り
 返す動き。

●昨日の米国株高や、ドル円相場が円安に振れている事などを好感して買い
 直された。
 自動車株など輸出関連株が買われ、また、決算発表への期待から、海運株
 などが買われた。

●日経平均は、113円高の17,542円まで上昇する局面もあったが、指数先物へ
 の大口売りをきっかけに、失速。

●前場、69円安の17,360円で前引けに。

─────────────────────────────────

── 後場 ── 《  日経平均100円以上下げる局面も、下げ渋る。 》
 
●後場は、指数先物へのまとまった売りが続き、下げ幅を拡大。

●日経平均は129円安の17,299円まで下げたが、17,300円の水準では押し目
 買いや買い戻しも入り下げ渋った。

●大型連休入り前という事で買いは限られたものの、大引け前には買い戻し
 が進み、下げ幅を縮小して取引終了。


●新興3市場は上昇。ジャスダック平均、マザーズ指数は続伸。ヘラクレス
 指数は反発した。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↓ JR東海、京急、小田急、近鉄、阪急阪神などの電鉄株が売られた。

↓ 日電硝子、旭硝子、板硝子、日山村硝などガラス土石株も軟調。

↓ 新日鉄、大阪製鐵、神戸鋼、住金などの鉄鋼株も弱い。

↓ その他、ソフトバンク、三菱UFJ、ANAなどが売られた。

《 一方 》

↑ 商船三井、飯野海、郵船、川崎船、太平海などの海運株が高い。

↑ いちよし、日興CG、マネックス、カブコムなど証券株も強い。

↑ 昨日に好業績発表のコマツが急伸し、その他、東芝機械、アイチコーポ、
  マキタ、アマノなどの機械株もしっかり。

↑ その他、東京建物、三井物産、ドコモなどが買われた。

DATE : 2007/04/26 (Thu)
◎日経平均      17429.17(+193.01) +1.12%

 ◎TOPIX      1703.41(+ 16.07) +0.95%

 ◎ジャスダック平均   2036.56(+  0.06) +0.06%

 ◎東証1部売買代金                2兆8496億円

 ◎東証1部売買高                20億2876万株

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりに反発。前日比193円高とな
 る17,429円で取引終了。TOPIXも反発した。


── 前場 ──  《 米株高受け高く始まるも、伸び悩む。 》


●本日の東京株式市場は、昨日の米国株式相場が続伸し、NYダウが初の
 13,000ドル台乗せとなった事を好感して、買い先行で取引開始。

●日経平均は、前日比123円高の17,359円と反発して寄り付くと、もみ合い。

●海運株、機械株、鉄鋼株などが買われ相場の上昇をけん引。

●しかしながら、寄り前外資系証券の売買動向が8日連続での売り越し観測
 となった事で警戒感も強く、積極的な買いは限られた。

 昨日の決算発表内容が期待はずれとなったアドバンテストが大きく売り込
 まれるなど、決算発表に対する警戒感も強かった。

●日経平均は前日比100円高の水準でもみ合い、前場、129円高の17,365円
 で前引けに。

─────────────────────────────────

── 後場 ── 《  先物主導で急伸。17,500円を目前に足踏み。 》
 
●後場は、取引開始直後に急伸。

●指数先物にまとまった買い、買い戻しが入り、上げ幅を拡大。

●日経平均は259円高の17,496円まで上昇し、17,500円目前に迫った。

●しかしながら、ゴールデンウィーク前という事もあり買い戻し一巡後は、
 日経平均17,500円手前での高値もみ合い。

●JFEHDが好決算を発表し、鉄鋼株が買われるなど良い雰囲気も出たが、
 上値の重さは継続した。

●大引けにかけてはやや上げ幅を縮め、取引終了。


●新興3市場は、ジャスダック平均が12日ぶりに反発。しかし小反発。
 マザーズ指数は小反発。ヘラクレス指数は続落した。

─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↑ JFEHD、新日鉄、住金、大特鋼、日立金など鉄鋼株が軒並み高。

↑ 川崎船、商船三井、郵船、明治海などの海運株も強い。

↑ NTT都市、住友不、三井不、菱地所、ダイビルなどの不動産株も高い。

↑ 昨日に好決算、今期大幅増収増益見通しの日立建機が急伸し、その他、
  コマツ、クボタ、タダノ、ジェイテクトなどの建機、機械株もしっかり。

↑ その他、ソニー、デンソー、東芝、三菱商、ヤフーなどが買われた。

《 一方 》

↓ プロミス、アイフル、アコム、武富士などのノンバンク株が急落。

↓ いちよし、カブコム、松井証、野村HDなどの証券株も軟調。

↓ その他、ソフトバンク、KDDI、りそなHDなどが売られた。

DATE : 2007/04/24 (Tue)
◎日経平均      17451.77(-  3.60) -0.02%

 ◎TOPIX      1706.16(+  0.53) +0.03%

 ◎ジャスダック平均   2036.41(-  0.80) -0.04%

 ◎東証1部売買代金                2兆4456億円

 ◎東証1部売買高                18億2450万株


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 本日の株式相場 振り返り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

──────────────────────────────────
【 概要・今日の相場の動き 】 
──────────────────────────────────

●本日の東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりに小反落。前日比3円安と
 なる17,451円で取引終了。TOPIXは小反発した。


── 前場 ──  《 米株安、決算発表への警戒感強まり軟調展開 》


●本日の東京株式市場は、昨日の米国株式相場が下落した事や、寄り前外資
 系証券の売買動向が1,000万株を越える売り越し観測となった事などを嫌気
 して、売り先行で取引開始。

●日経平均は、前日比91円安の17,363円と反落して寄り付くともみ合い。

●不動産、鉄鋼、機械株はじめ、幅広い銘柄に売りが膨らんだ。

●新興市場は朝方の売り一巡後に上昇に転じるなど、押し目買い機運も高ま
 ったが、1部市場は商い薄く、まとまった売りに押され上値の重い動きが
 続いた。

●前場、140円安の17,315円で前引けに。

─────────────────────────────────

── 後場 ── 《  日経平均は下げ幅縮小。切り返す局面も。 》
 
●後場寄り付き直後から、現物株、指数先物にまとまった買いが入り、一気
 に下げ幅を縮小。

●前場の新興市場の反発や、昼休み中の時間外バスケット取引が買い決め優
 勢と伝わった事なども好感された。

●幅広い銘柄が買い直される動きで、1部市場の上昇銘柄数も増加。

●日経平均は前日比プラス圏に切り返し17,500円台を回復する局面もあった
 が、17,500円近くでは売り圧力も強く押し戻され、日経平均は前日終値
 (17,455円)を小幅に上下するもみ合いとなり、そのまま取引終了。


●新興3市場は、ジャスダック平均が10日続落。
 マザーズ指数は5日ぶり、ヘラクレス指数は3日ぶりの反発となった。


─────────────────────────────────

【 セクター、個別銘柄の動き 】

↓ 昨日に発表した業績内容が嫌気された花王が売られ、その他、JSR、
  トクヤマ、東ソー、三菱ガスなどの化学株が安い。

↓ トヨタ、ホンダ、マツダ、ダイハツなど自動車株も弱い。

↓ 年初来安値更新のみずほFGはじめ、三井住友FG、りそななど大手銀
  行株も軟調。

↓ その他、新日鉄、ダイエー、ブリヂストン、日電硝子などが売られた。

《 一方 》

↑ NY原油先物相場の上昇を受けて、国際帝石、石油資源、ガス開などの
  資源開発株や、出光興産、AOCHD、新日石など石油株が買われた。

↑ その他、ソフトバンク、KDDI、日立造、スター精密などが買われた。
忍者ブログ [PR]